サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
CNとLNG「二兎追う」、ガス拡販の重要性を指摘/広瀬会長 【1面】
 日本ガス協会の広瀬道明会長は3月29日、同協会会長としての最後の定例記者会見に臨み、エネルギー基本計画見直しにおけるガス業界から政府への要望を説明するとともに、在任期間を振り返って所感を述べた。カーボンニュートラル(CN)ガスを適正な料金で導入していくには、LNGのさらなる導入拡大が必要だと指摘。「CNガス導入とLNG拡大の二兎を追う」と強調した。

 ガス協会はCNガスの比率を2030年に5~20%、40年に30~50%、50年に95~100%とする目標を掲げている。広瀬会長は50年前のLNG導入を機に都市ガス事業が大きな発展を遂げたことに触れ、CNガスの導入を「第二の革新と飛躍につなげる」と決意を語った。CN化の手法については既に実績があるバイオガスやカーボンニュートラルLNG(CNL)に加え、メタネーション、水素、CCUS(炭素の回収・利用・貯留)などあらゆる選択肢に挑戦していくとした。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

●【新版発売!】花粉症にはガスがイイ!
花粉症シーズンも乾太くんやガス温水床暖房などの優れたガス機器で快適生活を。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2