サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】商工・観光連携で入場増 【12面】
 コロナウイルス感染症で外出機会が減る中、東京ガスの歴史博物館「ガスミュージアム」(東京都小平市)と「がすてなーに ガスの科学館」(江東区豊洲)の入場者が今秋増えている。「コロナの影響で遠方に行けない近隣の住民が足を運んだ」との情報を得て12日、ガスミュージアムを訪問した。しかし、そこにあったのは、多摩地域の商工会や観光団体と連携した地道な協力だった。

 1909(明治42)年建築の旧東京ガス本郷出張所を移設復元した「ガス灯館」と、1912(同45)年建築の旧千住工場計量器室を移設復元した「くらし館」の赤レンガ2棟が陽に映える中、笑顔で出迎えてくれたのは、浅倉与志雄館長。さっそく入場者の現状を聞いた。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●【新版発売!】花粉症にはガスがイイ!
花粉症シーズンも乾太くんやガス温水床暖房などの優れたガス機器で快適生活を。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

●もしもに強い!エネファーム
九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets