サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】大切な科学の視点 【10面】
 新型コロナウイルスの感染が再び拡大し始め、欧米では今年春の第1波を上回る勢いだ。原点に返って、コロナを科学的に考えることが必要ではないか。

 パンデミック(世界的大流行)が始まって半年余り。このやっかいなウイルスの正体もかなり知られるようになった。治療レベルは向上し、ワクチン開発も進んでいる。

 筆者は新聞・雑誌・テレビなどで、新しい動きや関連情報を集めてきたが、どうも頭の中のモヤモヤを払拭できなかった。それらの断片的な情報を理解するのに必要なコロナウイルス(あるいはウイルス全般)の基礎知識を持っていなかったからであった。

 ということで、コロナウイルスの専門家である科学者が書いた単行本を読んでみた。もちろん専門書ではなく、一般読者を対象にした啓蒙書だ。大変役立ったのは『新型コロナウイルス 脅威を制する正しい知識』(水谷哲也著、東京化学同人、1200円+税)であった。著者は北海道大学獣医学部を出た後、30年間にわたってコロナウイルスの研究を続ける実践的研究者である。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●【新版発売!】花粉症にはガスがイイ!
花粉症シーズンも乾太くんやガス温水床暖房などの優れたガス機器で快適生活を。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

●もしもに強い!エネファーム
九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets