サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【地方ガス経営者に聞くコロナ時代の戦略】上野都市ガス 中井茂平社長 【3面】
――新型コロナウイルスの都市ガス事業への影響は。  ガス販売では商業用と工業用の一部に影響が出ている。リフォーム関連もお客さまへの提案が難しく、受注が減少している。一方、ガス器具販売は4、5、6月と過去最高水準だった。

販売イベントを中止にする代わりにダイレクトメールを通常の約1・5倍に増やしたところ、在宅率の高さも相まって多くの受注につながった。現場の社員が自ら考え機敏に対応した一つの成果だ。

――感染症対応に力を入れている。

 当社は2009年の新型インフルエンザの感染拡大をきっかけにグループの上野ガス、上野市都市ガスの社員計120人分のマスク1万枚を常に確保してきた。社員が両社のさまざまな部門の業務を経験し、感染症や災害時への対応力を高めるため、定期的な異動も実施している。今回の新型コロナに対しては3月に新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「業務計画」を策定し、7段階の警戒レベルごとに対応策をまとめた。具体的にはグループ会社の社員・家族に感染者が発生したらレベル5となり、対策本部を立ち上げるといった内容だ。このような計画に基づき、ガス会社の本分である保安の確保、災害対応に取り組むことが重要だ。8月には現場の意見も取り入れ、計画を第8版に改訂する。これで第2波にも適切に対応していきたい。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets