サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
コロナで需要2割減も、料金支払い猶予192者が対応/広瀬会長 【1面】
 日本ガス協会の広瀬道明会長は23日、定例記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受けたガス事業者の対応状況などを説明した。ガス需要への影響について、業界全体で年間10~20%程度の減少もありうるとの見解を表明。国から要請があったガス料金の支払い猶予には、正会員195者のうち192者が何らかの形で対応していることを明らかにした。

 料金の支払い猶予について、広瀬会長は「残りの3者も、実際に顧客から要望があれば対応してくれると考えている」と述べた。また、大手4社は、従来2~4月分としていた支払い猶予の対象月を5月まで拡大し、一般家庭だけでなく企業も含めて対応する方向で、経済産業省に認可申請を行っているとした。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

テスト
書籍・冊子の案内
●そろそろ花粉症のシーズン到来
オミクロン株も気になるところですが、日本気象協会から2022年の花粉飛散情報が発表となりました。2月上旬から各地で飛散が始まるようです。この時期、乾太くんなどを訴求してお客さまの花粉の悩みにお応えしましょう。

●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2