サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
自由化の進展に対応、ガス大手3社が機構改革 【1面】
 ガス大手3社は4月、電力・ガス小売り全面自由化の進展に対応した機構改革を実施する。電力は自由化から5年目、ガスは4年目を目前に控え、2月末時点における都市ガスのスイッチング率は13%となった。電力では4月に発送電分離が、ガスでも2022年4月に導管部門の法的分離が予定されている。大手3社の機構改革とその狙いを、21年4月に持ち株会社体制に移行する西部ガスの機構改革と合わせて紹介する。
 
 大阪ガスでは、本業であるガス・電気事業の中核を担う100%子会社3社が4月1日に事業を開始する。同社が「基盤会社」と呼ぶ大阪ガスマーケティング、Daigasエナジー、Daigasガスアンドパワーソリューションの3社だ。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●冊子『もしもに強い!エネファーム』
近年、台風や地震などの災害にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型のエネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、停電地域の暮らしを支えたことが注目されています!

●冊子『停電対応型GHPを設置しませんか?』
学校体育館や公民館など、自治体が避難所に指定する施設への〈停電対応型GHP〉の設置を訴求する冊子です!

●花粉症にはガスがイイ!
《花粉》の気になるこの季節。今年はマスクも品不足だし…。
花粉症でお困りのお客さまに、乾太くんやガス温水床暖房で快適生活の提案ツールとしてご活用ください!


全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム TEST2 bogets