サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
米ガス先物25年ぶりの安値、原油も続落、売りが売り呼ぶ 【4面】
 新型コロナウイルスの感染拡大による世界的な経済への打撃が警戒されて、エネルギー市況が大きく値を下げている。18日の米国先物市場では米ガス先物(ヘンリーハブ)が百万BTU(英国熱量単位)当たり1・6㌦まで下落し、1995年以来、25年ぶりの安値となった。深刻な需要の落ち込みを織り込み始めているほか、株式をはじめ金融商品が総崩れとなる中で、先物にも換金売りが広がっている。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●冊子『もしもに強い!エネファーム』
近年、台風や地震などの災害にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型のエネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、停電地域の暮らしを支えたことが注目されています!

●冊子『停電対応型GHPを設置しませんか?』
学校体育館や公民館など、自治体が避難所に指定する施設への〈停電対応型GHP〉の設置を訴求する冊子です!

●花粉症にはガスがイイ!
《花粉》の気になるこの季節。今年はマスクも品不足だし…。
花粉症でお困りのお客さまに、乾太くんやガス温水床暖房で快適生活の提案ツールとしてご活用ください!


全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム TEST2 bogets