サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
販売量、5者が震災前水準維持/被災8事業者アンケート 【1面】
 ガスエネルギー新聞は2月、東日本大震災で甚大な被害を受けたガス事業者8者を対象にガス販売量および需要家件数(メーター取り付け数)に関するアンケート調査を行った。

 2019年度見込みのガス販売量を震災前の09年度と比較すると、1年前の前回調査と同様、気仙沼市、石巻ガス、塩釜ガス、仙台市、常磐共同ガスの5者が震災前の水準を維持した。全体としては大口需要家の稼働状況が大きく左右した。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●【新版発売!】花粉症にはガスがイイ!
花粉症シーズンも乾太くんやガス温水床暖房などの優れたガス機器で快適生活を。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

●もしもに強い!エネファーム
九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets