サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】平成を語る(1)/自由化が進んだ時代、岡本毅 東京ガス相談役 【18面】
 都市ガス業界にとって「平成」とはどんな時代だったのか。都市ガス・同関連業界で長年活躍した4氏に聞いた。1回目は岡本毅東京ガス相談役に登場してもらった。

 ―この30年とは。

 自由化を中心とする制度改革が精力的に進められた時代だった。平成初期から始まった自由化論議が実行段階に進んだのが1995年。大口需要家を対象とする小売り自由化がスタートした。電気の自由化も2000年にスタート。その後、自由化は段階を踏んで進められ、電力が16年、ガスが翌17年に小売り全面自由化に至った。

 他の制度改革論議も進んだ。97年に佐藤信二通産大臣(当時)が電力事業の発送電分離に初めて言及。ガス事業に関しては01年から02年にかけ資源エネルギー庁のガス市場整備基本問題研究会で活発な議論が繰り広げられた。当局は有識者委員に「白地のキャンバスに自由に絵を描いてほしい」と呼び掛け、これに応じて垂直分離や全面自由化などが次々に提案された。こうした先鋭的な議論は、当時、日本ガス協会の業務部長だった私にとっていささか当惑を禁じ得ないものだった。ただ当時から「最終的に規制すべきは導管ネットワークのみで、他は全て自由に」という基本コンセプトが底流にあった。今振り返ると、その後の制度改革は、結果としてそのコンセプトに沿って進んできたように思う。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●【25%OFF】レシピ2点セット
「お肉レシピ」と「カフェレシピ」の2点セットが特別価格。春ガス展や日々の接点機会にご活用下さい。

●【期間限定15%OFF】コンロ販促、接点機会に
「忙しい!」「節約したい!」「ダイエットしたい!」―誰もがかかえるこうした悩みをSiセンサーコンロが解決。

●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

スマートエネルギー情報局 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会