サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
「びわ湖ブルーエナジー」始動 大阪ガス、大津市などが出資 【第1部・1面】
 大津市は2018年12月25日、11月2日に設立した100%出資の新会社びわ湖ブルーエナジー(BBE)の株式を大阪ガス、JFEエンジニアリング、水道機工の3社で構成するコンソーシアム(企業連合)に譲渡した。

 出資比率は大阪ガス74・8%、大津市25%、JFEエンジ0・1%、水道機工0・1%。同日、大津市とBBEはガス小売り等に関する実施契約書も締結。BBEは19年4月からガス小売り等の事業を開始する。

 大津市は施設の所有権を有したまま、官民出資会社が事業運営に当たる一部民営化を実施した。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●2019年都市ガス事業マップ
B1サイズの大判マップ。この地図1枚に、全国ガス事業者のお客さま件数やガス販売量などを表示。裏面には、各社供給エリアや所在地などの情報も掲載。


●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

●花粉症にはガスがイイ!
ガス温水床暖房や乾太くん等、優れたガス機器で花粉症からお客さまを救い、豊かな暮らしを提案する1冊が新登場。A5判カラー12頁

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会