サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】ご当地ビールで活性化、地元栽培品を原料に地産地消 【12面】
 小規模なビール製造設備を構え、個性的なクラフトビール(地ビール)を製造・販売する「ブルワリー(ビール醸造所)」が各地に増えている。地元で採れる農作物を原料に使ったり、地域色を打ち出した商品を開発して観光資源とするなど、地域の活性化につなげようとする取り組みも目立つ。

 さいたま市のJR大宮駅東口から徒歩7分ほど。東京や神奈川などに約280ある氷川神社の本社、武蔵一宮氷川神社近くにあるビルの1階に、醸造所を併設した飲食店「氷川の杜」がある。

 同店で提供するビールは定番の「氷川の杜Hana」、「氷川の杜Ren」(いずれもハーフパイント600円)など約10種類。平日は、夕方になると近隣で働く会社員や公務員などが多く集う。週末には近隣に住む子供連れの家族や、遠方から訪れるクラフトビール愛好者などでにぎわう。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●「天然ガス特集2019」発行
自治体、大口顧客、サブユーザー様へ「天然ガスの今」を訴求する配布資料として、ぜひご活用下さい。

●2019年都市ガス事業マップ
B1サイズの大判マップ。この地図1枚に、全国ガス事業者のお客さま件数やガス販売量などを表示。裏面には、各社供給エリアや所在地などの情報も掲載。


●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト bogets