サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【クローズアップ】製造コスト2割削減、CO2活用 一部補機を不要に/燃料電池新技術 【7面】
 エネファームのさらなる普及拡大を図るためには、高効率化、低価格化、コンパクト化などが不可欠で、企業や大学が研究に取り組んでいる。その中で、菊地隆司・東京大学工学系研究科准教授らの研究チームが、エネファームの製造コストを約2割低減する手法を開発した。

 現行機よりも低い作動温度での水素への改質、発電高効の向上が可能という。今後、信頼性などを検証し、5年後の実用化を目指す。

●CO2を使って改質

 菊地准教授らはSOFC(固体酸化物形燃料電池)について研究している。特に着目しているのが改質器。改質器はエネファームの本体内に組み込まれており、都市ガスやLPガスから水素に変換する装置だ。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets