サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
積水ハウス 大阪ガス/蓄電池付きSOFC 大阪に世界初の集合住宅 【1面】
 積水ハウスは21日、大阪市内に開発中の40階建ての超高層分譲マンションの全戸に家庭用燃料電池エネファームタイプS(SOFC、固体酸化物形燃料電池)を設置し、一部住戸には蓄電システムも採用すると発表した。集合住宅でSOFCと蓄電システムを併設するのは世界初。蓄電池併設によって、従来型給湯器よりも年間のCO2排出量を52%、購入電力量を97%削減できる。停電時やガス遮断時にも最低限必要な家電・通信機器が使用可能となり、防災力も高まる。

 マンションは大阪市中央区に2019年12月完成予定の「グランメゾン上町台ザ・タワー」(40階建て全244戸)。SOFCは24時間700Wの定格出力で運転し、購入電力の削減に寄与する。余った電力は大阪ガスに売電することができる。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●【25%OFF】レシピ2点セット
「お肉レシピ」と「カフェレシピ」の2点セットが特別価格。春ガス展や日々の接点機会にご活用下さい。

●【期間限定15%OFF】コンロ販促、接点機会に
「忙しい!」「節約したい!」「ダイエットしたい!」―誰もがかかえるこうした悩みをSiセンサーコンロが解決。

●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

スマートエネルギー情報局 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会