サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【クローズアップ/技術トレンド】鳥取県で水素実証拠点、官民連携で製造から給電まで 【7面】
 鳥取県、鳥取ガス、ホンダ、積水ハウスの4者は、水素エネルギー実証(環境教育)拠点「鳥取すいそ学びうむ(とっとり水素学習館)」を鳥取市内に整備した。

 太陽光発電、パッケージ型水素製造・貯蔵・充填装置、燃料電池自動車(FCV)、スマートハウスを連携させ、日本海側の寒冷地における水素の有効活用を実証する。また、水素について学ぶ学習施設を併設し、水素を用いた快適でスマートな暮らしを提案・啓発し、エネファーム、FCV、スマートハウスの普及促進を目指す。6月から本格運用を始める。


 4者は2016年1月、水素エネルギー実証拠点整備プロジェクトの協定を締結し、拠点整備を進めてきた。県が中心となって各社に協力を呼びかけ、実現した。



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●冊子「コロナに負けるな ガスで快適・健康生活」
【e-bookの特典あり】withコロナ時代にガスで最適な住環境を!《主な内容》〇最新ガスコンロ 〇ガスコンロで免疫力アップ 〇ガス衣類乾燥機『乾太くん』で家事を時短化 〇マイクロバブルでストレス解消 〇電気とガスのおまとめプラン 〇マイホーム発電『エネファーム』」で災害に備える

●『’21 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
エネルギー自由化時代を俯瞰する都市ガス業界の年鑑。最新号が発行されました。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets