サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
炭素税、経済に好影響、米教授「1t50~100ドル妥当」/低炭素小委 【3面】
 中央環境審議会長期低炭素ビジョン小委員会(委員長=浅野直人福岡大学名誉教授)は16日、ノーベル経済学賞受賞者でカーボン・プライシング(CP、炭素価格付け)に関する国際的な委員会の共同議長である米コロンビア大学ジョセフ・スティグリッツ教授から話を聞いた。同氏はCPの中で有力な手段である炭素税は経済に好影響を与えると説き、日本で実質的議論が進むことに期待を表明した。CO2排出量1t当たりの価格は50~100ドルが妥当との考えを示した。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●【5月末日までの期間限定】拡販冊子とレシピ集のお得なセット
Siセンサーコンロの拡販冊子「知って納得!最新ガスコンロの実力2018年版」と、Siセンサーコンロの便利機能を使ったレシピ集「カラダよろこぶお肉レシピ」のオトクなセット。

●世界天然ガスマップ2018
B1判 カラーポスター
発行:2018年2月
価格:2,000円(税別)

●Siセンサーコンロ拡販冊子の決定版 知って納得! 最新ガスコンロの実力 2018年版
サイズ:A4判 カラー16ページ
発行日:2017年12月
価格:143円(税別)



全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会