サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【クローズアップ】木質バイオ発電が拡大、合法木材の調達が安定発電の鍵 【7面】
 木質バイオマスによる発電事業が各地で計画されている。国内外で安価な木質バイオマスを調達できれば、FITを活用し、安定した電気と収益を生み出せる。

 日本の木質バイオマス発電の燃料として現在、東南アジア産のパームヤシ殻(PKS)が多く使われているが、今後の需要動向によってPKSの価格が大きく変動したり、品不足となったりする可能性もある。その際、木質ペレットなどの輸入木材の調達量の増加が見込まれる。輸入木材を使う場合は、輸入木材が盗伐などの違法性のある木材でないことを証明する由来証明(トレーサビリティー)が必要だ。日本ガス機器検査協会(JIA)は合法木材であることの証明の審査・認定を行っている。今後は、輸入木材を調達する際のリスクをいかに低減するかが課題となりそうだ。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets