サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
HFCにも生産規制、国連会議で議定書を改正 【5面】
 オゾン層保護のためオゾン破壊係数の高い特定フロン(CFC、HCFC)の生産量を規制している国連の「モントリオール議定書」が改正され、GHPや一部のハイブリッド給湯器に冷媒として使われている代替フロンHFCの生産量が規制されることになった。10~14日にルワンダの首都キガリで開かれた同議定書第28回締約国会合で改正議定書が採択された。

  HFCは、CFC、HCFCの代替物質として開発された。オゾン層破壊係数はゼロ。ただ強力な温室効果ガスのため、すでに京都議定書や、それに続くパリ協定では大気への放出量に着目した規制がなされている。現行モントリオール議定書ではHFCはオゾン層を破壊しないため規制対象外だが、同議定書への対応策としてHFCへの代替が促されてきた経緯もあり、さらなる代替物質の技術開発や普及を促すため、パリ協定よりも確実に削減できるモントリオール議定書で生産規制も行うことになった。

  改正議定書では、先進国、途上国グループ1、同2でそれぞれ5段階の削減スケジュールを決めている。日本を含む先進国は「2036年に基準値(2011~13年の生産量・消費量)の85%削減」が最終目標になる。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets