サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
商品提案の自動化、顧客対応にチャット活用/販促ワールド 【5面】
 6日から3日間、販促EXPOや営業支援EXPOなどの複数の展示会で構成される「販促ワールド2016」(主催・リードエグジビションジャパン)が東京ビッグサイトで開かれた。エネルギー市場の自由化に向け、提案力強化につながる商品・サービスを探った。

 会場では「マーケティングオートメーション」という文字があちらこちらで目に付いた。これは消費者が自社サイトをいつ、どのように閲覧したかなどを把握・分析し、それらを基に各消費者に最適な商品をメールなどで提案する行為を自動的に行うシステムだ。複数の出展企業に話を聞くと、小売電気事業者が関心を示しているとの声が返ってきた。顧客との接点チャネルとしてウェブの重要性が高まる中、こうした自動化システムの活用も進みそうだ。

 エネルギー事業者の中には、顧客とのコミュニケーションツールの一つとして「チャット」を活用する企業がある。自社サイトに訪れた消費者とパソコンの画面上で文字入力でやり取りし、顧客サポートや商品提案などを行う。

 ―全文は本紙で

 



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets