サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
初の「東邦ガスの森」、三重県大台町で植樹活動 【2面】
 東邦ガスは16日、三重県が進める森林づくりに賛同し、同社として初となる「企業の森」活動に参画すると発表した。三重県大台町の町有地6200㎡を「東邦ガスの森 おおだい」と名付け、同社グループ従業員とその家族がボランティアにより、広葉樹苗木の植樹などの活動を行う。活動は年1回5年間で、今年度は10月に植樹などの活動を行う。同社は、東邦ガスの森を通じて、環境調和型社会の実現に向けた自然環境や生物多様性保全に貢献する。

 企業の森実施に当たり、同社の宮崎修二専務執行役員と鈴木英敬・三重県知事、尾上武義・大台町長の3人が15日、県庁内で「森林づくり宣言書」の調印式を行った。今回の活動地は、国連教育科学文化機関(UNESCO)が今年3月、生態系保全と持続可能な利活用の調和を目的とした「生存圏保存地域(ユネスコエコパーク)」に拡張登録した場所。宮崎専務はあいさつで「貴重な場所で地域の生態系資源の育成や生物多様性保全に貢献できることは光栄。植樹などの活動に取り組み、将来世代のための森林の育成に努めていく」と語った。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets