サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
フォトギャラリー
トップページ > カテゴリー 一覧 > > ツアー、イベント > 「ガス展成功に向けて」本紙 伊賀上野ツアーを開催

 「ガス展成功に向けて」本紙 伊賀上野ツアーを開催

ガスエネルギー新聞は5月29、30日、第8回国内ツアーを開催し、都市ガス事業者など34人が参加した。「今年のガス展を絶対成功させる」をテーマに掲げ、三重県の上野都市ガスを訪問。互いのノウハウを共有し、今年のガス展の成功を誓い合った。
29日は上野ガスグループのショールーム「フラム」を見学。中井惠子館長が「フラム」の企画運営について説明した。30日は土鍋「かまどさん」を製造する長谷製陶を訪れ、伊賀焼きの魅力に触れた。

…詳しくは本紙または記事データベース(http://t21.nikkei.co.jp/)へ

  • ◆ツアー1日目 三重県の上野都市ガスを訪問。ショールーム「フラム」を見学した
  • 「フラム」の中井惠子館長がコンセプトなどを説明
  • 5年間で5万人を集客した実績などを 解説した
  • 館内はコンサートもできる広いスペース
  • 「フラム」内の展示方法など見て学ぶ
  • 多種の調理器具を取りそろえ、クッキング教室を開校
  • 「フラム」内では雑貨も取りそろえている
  • 「ゆったり楽しい生活」のための雑貨を 展示紹介
  • 食器などの雑貨を展示販売している
  • 旭川ガスの佐々木学エリアサービスグループ課長代理が、過去のガス展を分析した上で行った昨年の成果を発表
  • 上野都市ガスの中井茂平常務取締役はガス展の集客方法やPR策、予算、来場者数の推移などを解説した
  • 講演会の後、上野ガス運営の「まちやガーデン伊賀・色々」内 のイタリアン料理店「チッタ」で出席者は懇親を深めた
  • ◆ツアー2日目 伊賀焼の土鍋「かまどさん」を製造する長谷製陶を訪れた
  • 長谷製陶磁の7代目当主、長谷優磁会長。製陶の仕事のほか、ボランティアで青少年の健全育成の活動もしている
  • 長谷会長の話を聞くツアー参加者
  • 伊賀焼の特徴や魅力について説明を聞いた
  • 伊賀焼は、冷めにくい優れた耐火性と遠赤外線効果が特徴 土鍋で簡単にふっくらご飯が炊ける
  • すべて手作り。細かい作業を積み重ねて完成させる根気のいる仕事
  • 一つ一つ丁寧に仕上げていく
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

テスト
書籍・冊子の案内
●そろそろ花粉症のシーズン到来
オミクロン株も気になるところですが、日本気象協会から2022年の花粉飛散情報が発表となりました。2月上旬から各地で飛散が始まるようです。この時期、乾太くんなどを訴求してお客さまの花粉の悩みにお応えしましょう。

●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2