サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】村上春樹がいた(中) 【10面】
 村上春樹は音楽が好きで、長編作品には必ず有名な曲が登場し、音楽に関する著作も多い。しかし、村上春樹は古今東西の文学者の中で最も音楽に親しんだ人であると言えば、山ほどの異論は避けられないだろう。

 フランスの小説家スタンダール(1783~1842年)は、まずジャーナリスト(音楽評論)として活躍し、モーツァルト(1756~91年)の音楽の本質は「憂愁」であると最初に見抜いた人だ。文学史に残る傑作『赤と黒』『パルムの僧院』などの小説は晩年に書いた。

 文学、絵画、音楽は互いに影響し合いながら発展してきた。教会音楽やオペラなどは、文学と音楽が一体になってできた芸術だ。ドイツの詩人ゲーテ(1749~1832年)の詩には、著名な作曲家のほとんど(モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、シューマン、メンデルスゾーン、リスト、マーラーほか)が曲を付けている。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

テスト
書籍・冊子の案内
●そろそろ花粉症のシーズン到来
オミクロン株も気になるところですが、日本気象協会から2022年の花粉飛散情報が発表となりました。2月上旬から各地で飛散が始まるようです。この時期、乾太くんなどを訴求してお客さまの花粉の悩みにお応えしましょう。

●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2