サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
燃転でCO2大幅削減 環境省 SHIFT事業に36件 【1面】
 環境省は9月27日、今年度創設した「工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業」(SHIFT事業)の設備補助対象124事業者それぞれの「脱炭素化促進計画」の概要を公表した。計画には事業者が自ら掲げる2025年度までの二酸化炭素(CO2)削減目標、導入設備などを記載。ほとんどの企業は設備を来年度から稼動させる。都市ガス、LNGへの燃転、設備更新事例は36件。これらによるCO2削減量合計は全採択事業年約15万トンの約7割に及び、ガスが足元の温暖化対策に貢献する。

 採択された124件のうち、製造業などの工場が最も多く44件あった。スーパー、ホテル、病院、福祉施設なども多かった。CO2削減量が多いのは工場で、そのほとんどがボイラーなどのガスへの燃転を予定しており、ガスが製造業の大幅削減に貢献していることが分かる=表。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内

テスト2
書籍・冊子の案内
●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2