サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
LNGスポット20ドル、季節外れの高値水準 【1面】
LNGスポット価格が季節外れの高値を付けている。北東アジア向け期近10月着価格は百万BTU(英国熱量単位)当たり19ドル台後半と、オフシーズンのこの時期としては異例の価格水準になっている。過去5年間の9月月初時点の期近価格は20年、19年が4ドル、18年は11ドル、

17年は6ドル、16年は5ドルだった。現在は過去5年の平均価格6ドルの3倍を超すレベルにある。

 ここまで値上がりしてきた背景には、アジアを中心とする旺盛な需要が指摘されている。また、取引参加者のいわゆる高値おぼえも微妙に影響しているという。厳しい寒さでLNGが奪い合いとなり、瞬間風速ながら30ドルを超す空前の高値を付けた昨冬の記憶が拭えず、冬に向けた早め・厚めの調達思惑から先高感が生じやすくなっている。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内

テスト2
書籍・冊子の案内
●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2