サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
売電先の多様化進む、神奈川、山梨も公募へ移行/公営水力 【5面】
 公営電気事業者が保有する水力発電の売電先の多様化が進んでいる。全国25自治体のうち10自治体が地元大手電力との随意契約を取りやめ、一般競争入札などに移行している。2024年3月末に既存契約が満了する神奈川県と山梨県も、公募の実施に向けて動き出している。二酸化炭素(CO2)フリーで経済性にも優れた公営水力の価値は、電力の脱炭素化に向けてますます高まるとみられ、多くの小売事業者による争奪戦が起きそうだ。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内

書籍・冊子の案内
●ガス会社 デジタル化の教科書
2050年のCN時代を見据え、地域のエネルギー会社のデジタル化、DXは待ったなしの状況だ。お客様接点や既存業務のデジタル化はもちろん、新しいCISの考え方やDXによるビジネス変革など、デジタル化の指南書決定版!


●本格的な花粉シーズンの到来
オミクロン株も気になるところですが、日本気象協会から2022年の花粉飛散情報が発表となりました。今年は2月上旬から各地で飛散が始まり、GWまでが各地のスギ花粉のピークです。この時期、乾太くんなどを訴求してお客さまの花粉の悩みにお応えしましょう。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2