サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
LNG火力が最も安価、再エネの調整費用反映で/エネ庁 【5面】
 資源エネルギー庁が6年ぶりに実施した発電コストの検証作業が終了した。基本政策分科会の発電コスト検証ワーキンググループは3日、取りまとめ案を大筋で了承し、4日の同分科会に報告した。今回は、自然変動電源の比率拡大と安定供給維持の両立のために電力システム全体で発生する費用を、各電源種の追加導入に起因するコストとして初めて算出。その結果、LNG火力が最も安価になった。従来の電源単体の試算では、2030年には事業用太陽光が最も低廉になる可能性が示された。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内

書籍・冊子の案内
●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2