サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
ヤマルLNG初入荷 海外再出荷事業本格化へ/西部ガス 【1面】
 西部ガスは18日、北九州市若松区にある「ひびきLNG基地」に、ロシア・民間ガス大手ノバテクが操業主体のヤマルLNGプロジェクトで生産されたLNG約7万トンを初めて受け入れた。

 全量スポット調達で、中国などアジア向けに供給する予定。同社ではひびきLNG基地を、アジア地域でのLNG取引の拠点とする方針で、今後LNG再出荷事業を本格化させる。  

 受け入れたLNGは、販売先のニーズに応じ、コンテナやLNG船で再出荷する。販売先は、昨年からISOコンテナを使って出荷している中国のジャスダ・エナジー・テクノロジーなど中国企業や他のアジア諸国の買い手で、西部ガスが独自に販売先の開拓を行っている。ジャスダ社とは今年4月から来年3月まで計約6万トンの出荷を予定している。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内

書籍・冊子の案内
●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2