サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
「地方ガスのデジタル化」20業務を自動化、RPA導入1年半の成果/岡山ガス 
 定型業務の自動化ツール「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」を導入し、業務を効率化する動きが地方ガス事業者に広がっている。岡山ガスは2019年秋にRPAを導入。これまでに約20業務を自動化した。

 「導管等の情報を地図で管理するマッピングシステムの更新作業は単純だが、間違えられないため神経を使う。これをRPAにより自動化することで業務を大幅に効率化できた上、業務負担も軽減できた」。そう話すのは供給部供給計画グループの三宅健史氏だ。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内

テスト2
書籍・冊子の案内
●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2