サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
急拡大する中国LNG市場/JOGMEC 竹原美佳氏に聞く 【3面】
 中国のLNG輸入拡大が続いている。昨年は前年比12%増の約6900万トンとなり、世界最大の輸入国・日本に肉迫した。早ければ今年にも日本を追い抜くと見られている。目を引くのは輸入量だけではない。

 これまで国有石油3社が独占していたLNG輸入に、地元都市ガス事業者らが相次いで参入するなど市場化が進展している。石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の竹原美佳上席研究員に最新動向を聞いた。  

――LNGの輸入を新たに手掛ける事業者が出てきた。 

 中国のLNG輸入は元来、ペトロチャイナ、シノペック、CNOOCの国有石油3社が独占してきたが、市場化政策により、3社から卸供給を受けていた都市ガス会社なども輸入を手掛けられるようなった。数年前から始まったその流れが昨年加速した。新型コロナウイルス感染拡大の影響でLNGスポット価格が急落し、原油価格連動の長期契約LNGよりもかなり割安になる場面があった。国有3社はパイプラインによる輸入を含めて長期契約が主体であるため、スポット追加調達できる余地は限られていたが、新規参入者はこれをチャンスと捉え積極的にスポット玉を買った。昨年の新規参入者によるLNG輸入は前年比1・6倍の1280万トンとなり、輸入量全体に占める割合は2割に迫った。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内

テスト2
書籍・冊子の案内
●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2