サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
「新社長に聞く」常磐共同ガス・小野寺智勇社長―LPと「両翼飛行」目指す 【3面】
 ――都市ガス事業の現状は。  2020年度の顧客件数と販売量はともに前年度比2・5%減少した。新型コロナウイルスの感染拡大で商業施設が休業したり、地元の温泉旅館の稼働率が下がった影響で商業用が4%減少したことが響いた。

 感染拡大が収束しない限り、この状況は続きそうだ。一方、LPガスの顧客件数、販売量はともに約6%増え、都市ガスのマイナスをカバーした。県東部の浜通りには東日本大震災後に南相馬営業所などを設置したほか、20年にはLPガス配送拠点機能を持つ相双営業所も広野町に開設し、業容を拡大している。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内

書籍・冊子の案内
●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2