サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
販売量、5者が震災前水準維持/被災8事業者アンケート 【1面】
 ガスエネルギー新聞は2月、東日本大震災で甚大な被害を受けたガス事業者8者を対象にガス販売量および需要家件数(メーター取り付け数)に関するアンケート調査を行った。

 2019年度見込みのガス販売量を震災前の09年度と比較すると、1年前の前回調査と同様、気仙沼市、石巻ガス、塩釜ガス、仙台市、常磐共同ガスの5者が震災前の水準を維持した。全体としては大口需要家の稼働状況が大きく左右した。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2