サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【天然ガス・未来へ】第5部 提言 次の半世紀へ(3)ガスがエネルギーの柱に/日本総合研究所 寺島 実郎会長 【1面】
 脱炭素化やシェール革命などでエネルギー需給構造のパラダイムシフトが起きている。天然ガスへの見方や都市ガス業界の今後の方向性を日本総合研究所の寺島実郎会長に聞いた。

 ―脱炭素化の潮流の中で天然ガスの役割は。

 日本の夜は3・11以降暗くなったという話から始めたい。背景には省エネ意識の高まりがある。2000年以降の18年で一次エネルギー供給量は2割も減っている。また、10年から15年にかけて実質GDP(国内総生産)は1%成長する一方、1次エネルギー消費は1・8%減少した。かつてGDPを1%増やすには、それ以上のエネルギー投入が必要だとされてきたが、技術革新によってその常識は過去のものになった。エネルギー問題を考える時の問題設定が変わったことを認識する必要がある。

 こうした前提に立って現状をあらためて見直すと、再生可能エネルギーシフトや自動車における脱石油化が急速に進んでいる。そして、化石燃料の中では相対的にCO2排出量が少ない天然ガスの時代が来ていることは間違いない。ガス化はエネルギーの大きなトレンドだ。その背景には中東情勢の混迷もある。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2