サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】パラ競技 ゲーム感覚で、先端技術で新たな魅力 【8面】
 先端技術を用いた新しいスポーツが開発されている。パラスポーツのボッチャを音楽と映像などで演出する「サイバーボッチャ」や、レース用の車いすとVR(仮想現実)を組み合わせた「サイバーウィル」などだ。パラスポーツをゲーム感覚で楽しめると、注目が集まっている。

 8月23日夕方。東京都江東区豊洲で、東京ガスが主催する東京2020パラリンピック大会開催1年前イベント「新豊洲サマーナイトフェス」が行われた。夏休み中の小学生や仕事終わりの会社員まで、多くの人が訪れた。会場の一角に、ひときわ盛り上がる場所があったのでのぞいてみると「サイバーボッチャ」と書かれていた。

 ボッチャは、対戦する2チームがそれぞれ赤と青のボールを投げ、的となる白いボール(ジャックボール)にいかに近づけたかを競う。審判がそれぞれのボールとジャックボールとの距離を測定して、より近い方が勝つ。サイバーボッチャは、実際の競技の6分の1の広さのコートを使い、基本的なルールはそのままで、LED照明と音楽、映像による演出を加えている。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

テスト
書籍・冊子の案内
●そろそろ花粉症のシーズン到来
オミクロン株も気になるところですが、日本気象協会から2022年の花粉飛散情報が発表となりました。2月上旬から各地で飛散が始まるようです。この時期、乾太くんなどを訴求してお客さまの花粉の悩みにお応えしましょう。

●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2