サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
LNGステーション/LNGトラック普及の一里塚/大阪で営業始まる 【7面】
6月1日、日本初の商用LNGステーションが大阪府住之江区の大阪南港で開所した。
 同日に実証走行試験を開始した大型LNGトラックへの充填用。大型LNGトラックは環境性や経済性、エネルギーセキュリティー性の高さから欧州や米国、中国などで急速に普及を拡大している。日本でも運送事業者を中心に実用化への期待が高まっている。LNGステーション設置の背景や運営方法、設備概要などを取材した。

 このステーションの名称は「L+CNG大阪南港ステーション」。いすゞ自動車とシェルジャパン、環境優良車普及機構(LEVO)の3者が実施する環境省の補助事業「大型LNGトラックおよび最適燃料充填インフラの開発・実証事業」の一環として建設した。建設費用の半分は環境省の補助金で賄われた。

 大阪港は神戸港と並ぶ西日本の物流拠点。その一部である大阪南港はフェリーターミナルやコンテナふ頭、トラックターミナルが立地するため多くの大型トラックが行きかう。将来、大型LNGトラックの普及を見越して、トラックへのLNG充填に最適な立地に設置した。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2