サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【クローズアップ】首都圏ガス競争「台風の目」に/東京エナジーアライアンス 【7面】
 東京エナジーアライアンス(TEA)の存在感が増している。イーレックス、JXTGエネルギー、HTBエナジーなどが、TEAの都市ガス事業運営基盤(プラットフォームサービス)を利用して首都圏の都市ガス市場に参入すると相次いで表明。

 首都圏の都市ガス競争において、まさに「台風の目」とも呼ぶべき存在になりつつある。TEAの吉田圭成社長は「新電力やLPガス事業者など約30社と協議を進めている。今年度中には、2次卸なども含めて顧客企業を20社程度に増やしたい」と意欲満々だ。

○「今年度20社程度目指す」

 TEAは、東京電力エナジーパートナー(東電EP)と日本ガス(ニチガス)が昨年8月、折半出資で設立した。都市ガスへの新規参入を望む企業に対して、参入に必要なさまざまな機能をパッケージで提供する。東電EPとニチガスは、それぞれTEAのスキームとは別に関東で都市ガスに参入しており、ニチガスグループの既存都市ガス顧客32万件やTEAのプラットフォーム利用者の顧客も合わせた合計で、2019年度に100万件の都市ガス顧客獲得を目指している。
―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2