サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【クローズアップ】再エネ主力電源になれるか 全体コストの低減不可欠 【7面】
 新たなエネルギー基本計画に、再生可能エネルギーを主力電源化するとの方針が盛り込まれる。再稼働する原発が当初の想定ほど増えそうにない中、低炭素社会の構築に向けて再エネの役割はますます大きくなる。

 だが、誰もが認める主力電源になるための課題は少なくない。導入量の一層の拡大に加え、再エネ導入に要するコスト全体の低減が欠かせない。発電量が不規則に変わる自然変動電源の電気の出力を安定化させる事業モデルの創出も必要だ。自由化政策との整合性が問われている。

 4月に公表された新たなエネルギー基本計画の骨子案には、再エネについて「今後も更なる大量導入により主力電源の一翼を担うことが期待される」との文言が盛り込まれた。「主力電源」の定義は必ずしも明確ではないが、大前提として2030年度の電源構成比目標22~24%の達成が求められる。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2