サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
「技術トレンド」進化する吸収冷温水機/節電型を新開発 【4面】
 東日本大震災以降の電力需給ひっ迫を背景に、節電・省エネのニーズが高まっている。

 厳しい暑さの中、空調についても、冷房機能を維持しながら、節電・電力ピークカットに貢献するガス空調があらためて注目を集めている。日立アプライアンス(二宮隆典社長)は、従来機よりも消費電力を抑えた「節電型ガスだき吸収冷温水機(節電型ナチュラルチラー)」を東京ガスと共同開発し、今年4月から販売している。

◆冷却水量低減で節電/電気式と比べ約80%減に

 従来型ナチュラルチラー(本体+冷却水ポンプ+冷水ポンプ)の消費電力は、高効率ターボ冷凍機(電気式空調機)と比べ約4分の1程度。日立アプライアンスと東京ガスは、さらに消費電力の削減を目指した。
 まず目を付けたのが、ナチュラルチラーの消費電力の約6割を占め、しかもターボ冷凍機のそれよりも消費電力が大きい冷却水ポンプの消費電力だった。

 両社は昨年度、冷却水ポンプの消費電力を抑えた「節電型ナチュラルチラー」の開発に取り組んだ。日立アプライアンス製の高効率吸収冷温水機EXシリーズを基に開発を進めた。



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●天然ガス特集2022
官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適!

●ガス会社 デジタル化の教科書〈決定版〉
2050年のCN時代を見据え、地域のエネルギー会社のデジタル化、DXは待ったなしの状況だ。お客様接点や既存業務のデジタル化はもちろん、新しいCISの考え方やDXによるビジネス変革など、デジタル化の指南書決定版!


●もしもに強い!エネファーム
大型台風や豪雨の影響で、万一の停電時にもエネファームがあれば安心。スマホの充電や照明など、エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2