サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
「NGV比率向上を」―トラック協会がエネルギー政策で政府に意見書、燃料容器の規制緩和を要望 【1面】
 全日本トラック協会は、このほど経済産業省に対して天然ガストラックの本格普及に向けた意見書を提出した。国内の物流網を安定的に維持していくには、天然ガストラックへの依存率を高めていく必要があると指摘し、エネルギー基本計画の見直し作業において、天然ガス自動車(NGV)に関する規制緩和やインフラ整備を検討するよう求めている。

 トラック輸送は国内貨物の9割以上を占め、その燃料の大半を軽油に依存している。同協会は、原油価格の高騰や災害に対するセキュリティーを強化し、国内サプライチェーンを維持するには、トラック用の代替燃料確保が重要な課題であると指摘。貨物輸送用のトラックでは電気自動車やハイブリッド車などのモーター系動力は実用的でないため、天然ガス自動車への依存率を高めていく必要があるとしている。

 具体的には、①米国産LNGの輸入などによる低廉かつ安定的な天然ガス供給および広域パイプラインなどのインフラ整備、②規制緩和や補助制度などによる天然ガススタンドの整備促進、③多様で安価な天然ガストラックの開発に向けた規制緩和―が不可欠であるとしている。


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●ガス会社 デジタル化の教科書
2050年のCN時代を見据え、地域のエネルギー会社のデジタル化、DXは待ったなしの状況だ。お客様接点や既存業務のデジタル化はもちろん、新しいCISの考え方やDXによるビジネス変革など、デジタル化の指南書決定版!


●本格的な花粉シーズンの到来
オミクロン株も気になるところですが、日本気象協会から2022年の花粉飛散情報が発表となりました。今年は2月上旬から各地で飛散が始まり、GWまでが各地のスギ花粉のピークです。この時期、乾太くんなどを訴求してお客さまの花粉の悩みにお応えしましょう。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2