サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【特集】NGVフォーラム第57回研究会、一層の普及拡大を目指して 【16面】
 天然ガス自動車フォーラム(代表=蟹沢俊行日本ガス協会副会長・専務理事)は7月17日、都内で第57回研究会を開催した。産官学から3氏が天然ガス自動車(NGV)の普及の必要性とその方策について講演した。講演要旨を掲載する。

○「物流分野における低炭素化促進の取り組みについて」
 環境省地球環境局地球温暖化対策課 佐竹輝洋国内削減係長

 世界の二酸化炭素(CO2)の平均濃度は、1985年ごろは約340ppm程度だったが毎年約1・9ppm増えており、現在は約390ppmまで上昇している。

 大気中のCO2濃度を安定させるには、人為的排出量を自然吸収量と同等の水準まで減らさなければならないが、現在の人為的排出量は自然吸収量の2倍以上。

 温暖化による影響は農作物や生態系への影響、洪水や大雨などの異常気象など国内でも顕著になっており、温暖化への対応が急務になっている。


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●ガス会社 デジタル化の教科書
2050年のCN時代を見据え、地域のエネルギー会社のデジタル化、DXは待ったなしの状況だ。お客様接点や既存業務のデジタル化はもちろん、新しいCISの考え方やDXによるビジネス変革など、デジタル化の指南書決定版!


●本格的な花粉シーズンの到来
オミクロン株も気になるところですが、日本気象協会から2022年の花粉飛散情報が発表となりました。今年は2月上旬から各地で飛散が始まり、GWまでが各地のスギ花粉のピークです。この時期、乾太くんなどを訴求してお客さまの花粉の悩みにお応えしましょう。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2