サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【特集】EnMSでお客さまに省エネ提案を 【15面】
 省エネルギーや環境負荷低減が求められる中、都市ガス事業者も効率的なエネルギーの使用方法を需要家に積極的に提案する必要がある。その際、有効なのが国際標準エネルギーマネジメントシステム(EnMS)規格のISO50001だ。同規格は企業などの組織がエネルギー消費を削減するために必要な手順などを決め、体系的に管理することを定めた規格。ISO14001などと同様、第三者機関により認証を取得する。同規格の概要や活用事例のほか、認証機関である日本ガス機器検査協会(JIA、木村文彦理事長)の秋山裕司専務理事にガス事業者が同規格を取得するメリットなどを聞いた。

〇ISO50001 未来に価値ある認証、省エネからリスク管理まで

 ISO50001は2011年6月にエネルギーコストや温室効果ガス排出量の削減を目的とし、国際標準化機構(ISO)により発行された。今後、世界中で広く活用されることが見込まれている。

 同規格は企業などがエネルギーを計画的かつ効果的に使用することでエネルギー消費原単位の改善を進めることに重点を置いている。


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●ガス会社 デジタル化の教科書
2050年のCN時代を見据え、地域のエネルギー会社のデジタル化、DXは待ったなしの状況だ。お客様接点や既存業務のデジタル化はもちろん、新しいCISの考え方やDXによるビジネス変革など、デジタル化の指南書決定版!


●本格的な花粉シーズンの到来
オミクロン株も気になるところですが、日本気象協会から2022年の花粉飛散情報が発表となりました。今年は2月上旬から各地で飛散が始まり、GWまでが各地のスギ花粉のピークです。この時期、乾太くんなどを訴求してお客さまの花粉の悩みにお応えしましょう。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2