サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
実施2案を決定、改修設計コンペに18案/NEXT21 【5面】
 大阪ガスは6日、実験集合住宅「NEXT21」の2住戸を改修する設計コンペの選考結果を発表した。9グループの計18の応募案の中から、最優秀賞として、大京・岩村アトリエによる「4G HOUSE」と近鉄不動産・アトリエオズミィによる「プラスワンの家」を選定した。各住戸の実施案とし、2014年3月の完成を目指して設計、施工を進める。審査は建築家の加茂紀和子氏ら4人が行った。

 NEXT21は、近未来の都市型集合住宅のあり方を実証・提案するため、大阪ガスが1993年10月に建設した。約5年ごと(第1~3フェーズ)に取り組むテーマを設け、同社の社員とその家族が実際に居住しながら実証に取り組んできた。建物の躯体部分(スケルトン)と住戸内の内装・設備(インフィル)を分離させ、各住戸を改修してさまざまな住まい方を設定してきた。


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●ガス会社 デジタル化の教科書
2050年のCN時代を見据え、地域のエネルギー会社のデジタル化、DXは待ったなしの状況だ。お客様接点や既存業務のデジタル化はもちろん、新しいCISの考え方やDXによるビジネス変革など、デジタル化の指南書決定版!


●本格的な花粉シーズンの到来
オミクロン株も気になるところですが、日本気象協会から2022年の花粉飛散情報が発表となりました。今年は2月上旬から各地で飛散が始まり、GWまでが各地のスギ花粉のピークです。この時期、乾太くんなどを訴求してお客さまの花粉の悩みにお応えしましょう。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2