サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
上げ幅は過去最大 ブタンは史上最高値/12月CP 【6面】
 サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコがこのほど日本の輸入商社に通知した12月のLPG長期契約者向け出荷価格(12月CP)は、プロパンがトン当たり前月比225ドル高い1100ドル、ブタンは同310ドル高い1225ドルとなった。値上がりはプロパン、ブタンともに2カ月連続で、上昇幅はともに過去最大。ブタンは過去最高値(1180ドル)を1年9カ月ぶりに更新。プロパンは過去最高値(1230ドル)に次ぐ高値となった。

 CP価格の算定に影響を与えたと見られるアジアのスポット市場は、このところ市況が上昇傾向にあった。極東アジアに厳しい寒波が到来していることもあり、この冬のスポット調達拡大を見越したトレーダーの買いが活発化しているという。アーガスメディアの三田真己日本代表は「商社が以前に比べて在庫を持ちたがらなくなった影響で、調達がぎりぎりのタイミングに集中しやすい傾向が強まっている」と指摘する。


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●天然ガス特集2022
官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適!

●ガス会社 デジタル化の教科書〈決定版〉
2050年のCN時代を見据え、地域のエネルギー会社のデジタル化、DXは待ったなしの状況だ。お客様接点や既存業務のデジタル化はもちろん、新しいCISの考え方やDXによるビジネス変革など、デジタル化の指南書決定版!


●もしもに強い!エネファーム
大型台風や豪雨の影響で、万一の停電時にもエネファームがあれば安心。スマホの充電や照明など、エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2