サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
水素社会へ工程表、経産省協議会が初会合 【3面】
 経済産業省は19日、水素・燃料電池戦略協議会(座長=柏木孝夫・東京工業大学特命教授)の初会合を開催した。エネファームと燃料電池自動車(FCV)の本格普及に向けて官民の役割分担を明確化し、水素の製造、貯蔵、輸送、利用まで一気通貫したロードマップを策定する。余剰電力を電気料金と同価格で系統に売却できる「ネットメータリング制度」の導入など、エネファームの発電能力をより有効に活用する方策も検討する。

○ネットメータリングも検討

 同協議会には、東京ガス、大阪ガスなどのエネファーム販売事業者、エネファームメーカー、水素製造事業者、自動車メーカー、電気事業連合会などから副社長・役員クラスが参加。学識者を加えた23人で構成する。実質的な検討は、部長級の実務者からなるワーキンググループ(WG)で行う。WGは1月10日に第1回会合を開催、以降5回程度開催する。3月末に開く第2回協議会での取りまとめを目指す。

 2009年に家庭用燃料電池エネファームが世界で初めて市場投入されたのに続き、15年にはFCVが市場投入される予定。経産省は、燃料電池とFCVを日本の技術的な優位が保たれている数少ない有望分野とみている。産官学・事業者間で、30年頃までの取り組みに関する共通認識を醸成することで速やかな市場創生を図る。



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●天然ガス特集2022
官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適!

●ガス会社 デジタル化の教科書〈決定版〉
2050年のCN時代を見据え、地域のエネルギー会社のデジタル化、DXは待ったなしの状況だ。お客様接点や既存業務のデジタル化はもちろん、新しいCISの考え方やDXによるビジネス変革など、デジタル化の指南書決定版!


●もしもに強い!エネファーム
大型台風や豪雨の影響で、万一の停電時にもエネファームがあれば安心。スマホの充電や照明など、エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2