サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
2月から販売協力、ジェネリンクミニの普及拡大/ヤンマー、日立AP 【3面】
 ヤンマーエネルギーシステム(玉田稔社長)と日立アプライアンス(二宮隆典社長)は2月から関西地域で、マイクロコージェネレーション(発電出力5~35kW)と小型廃熱投入ガス吸収冷温水機「ジェネリンクmini(ミニ)」を組み合わせた小規模施設向け冷暖房給湯システムを協力して販売する。両社は、この販売協力を皮切りに、今後、対象商品の拡大と全国展開について検討を進める。

 ジェネリンクミニは、日立アプライアンスと東京ガス・エンジニアリング(相原啓二社長)が共同開発し、2012年4月から販売している。コージェネからの廃熱温水(88℃)を利用し、効率的に冷房を行う。従来の小型ガス吸収冷温水機と比較し、定格冷房運転の廃熱投入時でガス使用量を約40%削減できる。延べ床面積1万㎡以下の中小規模の建物向けの熱利用空調熱源機として導入を進めている。

 国内販売台数は、12年度5台、13年度15台(見通し)。このうち関西地域は12年度1台、13年度6台(同)で、関東地域より低調だった。

 ヤンマーエネルギーシステムと日立アプライアンスは、コージェネとジェネリンクミニを組み合わせたシステムを提案し、関西地域での販売強化を図る。設計事務所、設備工事会社などに対し、協力して営業活動を行い、14年度は関西地域で前年度倍増の12台の販売を目指す。

 ガスコージェネは東日本大震災の発生以後BCP(事業継続計画)対応、節電促進の観点から中小規模のビル、事業所、病院、行政関連施設などで導入計画が進んでいる。

全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●天然ガス特集2022
官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適!

●ガス会社 デジタル化の教科書〈決定版〉
2050年のCN時代を見据え、地域のエネルギー会社のデジタル化、DXは待ったなしの状況だ。お客様接点や既存業務のデジタル化はもちろん、新しいCISの考え方やDXによるビジネス変革など、デジタル化の指南書決定版!


●もしもに強い!エネファーム
大型台風や豪雨の影響で、万一の停電時にもエネファームがあれば安心。スマホの充電や照明など、エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2