サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
中国で合弁会社設立、ガスエンジン発電事業で協業/三菱重工 日立 【5面】
 三菱重工業(宮永俊一社長)と日立製作所(中西宏明社長)は21日、中国でガスエンジンを用いた分散型発電システム事業で協業すると発表した。三菱重工は、中国でディーゼルエンジンと発電設備を販売する100%出資子会社(深セン市)の株式35%を日立に譲渡する。2014年中に合弁会社化し、商号を変更する予定。両社は合弁会社を活用し、中国で急拡大が期待される分散型発電市場でのシェア拡大を狙う。

 合弁会社の本社は深センに置き、従業員は約60人とする予定。協業によって新たにガスエンジン発電システム事業を立ち上げるほか、コージェネのEPC(設計・調達・建設)、運営管理、ESCOなどの各種エネルギーサービスを提供する。

全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●天然ガス特集2022
官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適!

●ガス会社 デジタル化の教科書〈決定版〉
2050年のCN時代を見据え、地域のエネルギー会社のデジタル化、DXは待ったなしの状況だ。お客様接点や既存業務のデジタル化はもちろん、新しいCISの考え方やDXによるビジネス変革など、デジタル化の指南書決定版!


●もしもに強い!エネファーム
大型台風や豪雨の影響で、万一の停電時にもエネファームがあれば安心。スマホの充電や照明など、エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2