サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
2021
9
13
日号
主要記事

譲渡先なしも「民営化必要」 手続き検証し再公募へ/仙台市ガス

 ガス事業の民営化に向け、2020年9月から事業譲渡者の公募を進めてきた仙台市は8日、優先交渉権者を「該当なし」と決定した。東北電力を代表とし、東京ガス、石油資源開発、カメイが参加する1グループが資格審査および提案審査に応募したが、提案内容を審査した仙台市ガス事業民営化推進委員会(橘川武郎委員長)が最優秀提案者を該当なしと答申。これを受け、市が最終判断した。8日の定例記者会見で郡和子市長は苦渋の選択だったと説明する一方、市民サービスの向上や地域経済の活性化に向け、「民営化が必要であることにまったく揺るぎはない」と強調。早急に公募手続きの検証を行い、結果を踏まえて再公募に取り組む方針を示した。【1面】
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内

書籍・冊子の案内
●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2