サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
フォトギャラリー
トップページ > カテゴリー 一覧 > > 全国各地のショールーム > 仙台市ガス局・ガスサロン「料理教室で接点広げる、 テナントとのイベントで集客」

 仙台市ガス局・ガスサロン「料理教室で接点広げる、 テナントとのイベントで集客」

 仙台市ガス局のショールームGAS SALON(ガスサロン)は、市中心部の広瀬通り沿いにある。平日も週末も買い物客などでにぎわっている。地の利を生かして、料理教室を開催したり、テナントと協力してイベントを開くなど、地域の人が集まる場所として存在感を増している。 

  建物は3階建て。正面の広瀬通りと並行する裏通りに挟まれており、両側に入口がある。館内の通路が二本の道をつなぐ形になり、道行く人が立ち寄ることも多い。 1階には料理教室「キッチンパレット」やウィズガス住宅を体感できる「体感の家」、最新のSiセンサーコンロなどの展示に加え、ガス料金の収納窓口やテナントショップがある。2階は床暖房体験やガスコンロとIH調理器の比較実演コーナーがあり、3階には子育て支援施設「のびすく仙台」が入る。

  2004年の開設時から、ガス器具の販売店である仙台ガスサービスが運営を担う。女性スタッフ9人が交代で勤務し、接客にあたる。開設時からガスサロンに勤める伊藤洋子チーフは「待ち合わせや、ふらりと入ってくる方、のびすくに来た親子連れの方など、ガス機器目的でない方の来場もある。1階通路沿いにガス機器を展示しているので、多くの方に見ていただける」と話す。テナント利用者も含め1日に1000人が来場するという。

―全文は本紙で


  • 館内1階の通路沿いに、ガス機器が並ぶ
  • 1階受け付け。料金収納窓口も併設
  • 運営会社の仙台ガスサービスの相談窓口
  • 料理教室のキッチンパレット
  • 1階の安心安全コーナー
  • 暖房体感 快適実感ラボ(2階)
  • ガスとIHの比較実演ができる 体験クッキングラボ(2階)
  • 床暖房展示コーナー(2階)
  • 1階のテナント「まちくる仙台」
  • 毎月、「まちくる仙台」と協力してマルシェを開催する
  • マルシェで人気だったフクロウカフェ
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●分散型エネルギーが創り出す 2050年の未来
2050年カーボンニュートラル時代に向けて、ガスエネルギーシステムを活用した〈脱炭素〉&〈強靭なまちづくり〉を提案する。コージェネ等による分散型エネルギーシステム構築や技術革新が期待されるメタネーションについても解説。

●コロナに負けるな ガスで快適・健康生活
ステイホーム、テレワークをガスで快適に!
【主な内容】
●ガスコンロで免疫力UP
●乾太くんでラク家事
●爽快マイクロバブル
●床暖で快適テレワーク
●電気&ガスまとめプラン
●災害に備えエネファーム

●『’21 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
エネルギー自由化時代を俯瞰する都市ガス業界の年鑑。最新号が発行されました。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets