サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
フォトギャラリー
トップページ > カテゴリー 一覧 > > 全国各地のショールーム > 大東ガス・プチフラム富士見 料理教室で接点強化

 大東ガス・プチフラム富士見 料理教室で接点強化

 埼玉県南西部の入間郡三芳町に本社を置く大東ガスは、東武東上線沿線の3カ所に「プチフラム」という名前のショールームを構える。いずれも駅に近い場所にあり、料理教室やイベント等を頻繁に開き、顧客との接点の場として活用している。

 埼玉県富士見市のプチフラム富士見は東武東上線みずほ台駅西口から徒歩2分の場所にある。2階建てで1階がショールーム、2階に調理室がある。大東ガスのグループ会社であるDGサービスが運営している。
 プチフラム富士見は5年前にリニューアルオープンした。この時から、ショールームの目玉として予約なしでお菓子作りを体験できる「プチ・クッキング」(受講料350円)を開始した。1階の専用キッチンでほぼ毎日実施している。
 
メニューは月替わりで4月はココアフロランタンという焼き菓子。午前10時のオープンと同時に開始し、最大4組の参加者にスタッフが約1時間調理指導する。多い日には1日に15組程度が参加する。当日の受付順で案内するため、ショールームがオープンする前から並ぶ人もいる。
 サブリーダーの小野貴子さんは、「参加者は女性が中心です。7割はリピーターですが、口コミで新しいお客さまも増えています。ガスの良さを伝える機会にしていますが、スタッフにとってはお客さまとの距離を縮める機会として捉えています」と説明する。
  • プチフラム外観。駅から徒歩2分の場所にある
  • 店舗の外に置かれた料理教室のお知らせ
  • 予約なしでお菓子作りを体験できる「プチ・クッキング」の案内看板
  • 1階ショールーム
  • 「プチ・クッキング」を開催するキッチンコーナー
  • 「プチ・クッキング」のメニューは月替わり
  • ショールームスタッフの皆さん
  • ガスコンロの展示
  • 給湯器・風呂関連の展示
  • 2階料理教室。水栓を、自社で扱う蛇口一体型浄水器に交換し商品アピールにつなげる
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●分散型エネルギーが創り出す 2050年の未来
2050年カーボンニュートラル時代に向けて、ガスエネルギーシステムを活用した〈脱炭素〉&〈強靭なまちづくり〉を提案する。コージェネ等による分散型エネルギーシステム構築や技術革新が期待されるメタネーションについても解説。

●コロナに負けるな ガスで快適・健康生活
ステイホーム、テレワークをガスで快適に!
【主な内容】
●ガスコンロで免疫力UP
●乾太くんでラク家事
●爽快マイクロバブル
●床暖で快適テレワーク
●電気&ガスまとめプラン
●災害に備えエネファーム

●『’21 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
エネルギー自由化時代を俯瞰する都市ガス業界の年鑑。最新号が発行されました。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets