サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
フォトギャラリー
トップページ > カテゴリー 一覧 > > 全国各地のショールーム > 桐生ガス・桐生ガスプラザ 絵本とわらべ歌の教室を開催

 桐生ガス・桐生ガスプラザ 絵本とわらべ歌の教室を開催

 群馬県桐生市は、かつて絹織物で栄え、関東有数の活力のある町だった。東京で言えば銀座四丁目交差点に当たる本町交差点に、桐生ガスのショールーム「桐生ガスプラザ」がある。

 「このビルには、第一勧業銀行(現みずほ銀行)が入っていました。銀行が撤退した後、塚越紀隆社長が中心市街地のにぎわいを維持するため、2004年に改装してショールームにしました」とショールームスタッフの朝倉麗花さんが教えてくれた。銀行のATMを残し、宝くじ売り場の運営は同社が引き継いでいる。1階には最新ガス機器のショールームと喫茶店、2階にはギャラリーを設けた。3階にはコミュニティーラジオ放送局のFM桐生のスタジオが入る。

 ショールームでは火曜と金曜の午前10~12時、赤ちゃんとお母さんを対象にした絵本の読み聞かせとわらべ歌の教室「あひるのこ」が開かれる。講師は民間団体「あひるのこ」を主宰する三澤章子さん。欧州で子供の教育を学んだ専門家だ。06年に開設され、今年で10年目を迎える。無料で誰でも参加でき、地域の子育て世代に好評だ。
  • 桐生ガスプラザ外観
  • 1階は最新ガス機器のショールーム
  • 1階の中ほどにある床暖房スペース
  • ガスコンロ展示コーナー
  • 珈琲と甘味が自慢の喫茶店
  • わたらせ渓谷鐵道ジオラマ
  • 床暖房スペースには調理体験できるキッチンコーナーがある
  • 2階 ギャラリーでは多彩な展示会が開かれる
  • 赤ちゃんのための絵本の部屋 「あひるのこ」。絵本や育児書、料理本などがある
  • 「あひるのこ」の部屋には床暖房が設置されている
  • 「あひるのこ」開催時は、参加者向けに手作り玩具が販売される
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●分散型エネルギーが創り出す 2050年の未来
2050年カーボンニュートラル時代に向けて、ガスエネルギーシステムを活用した〈脱炭素〉&〈強靭なまちづくり〉を提案する。コージェネ等による分散型エネルギーシステム構築や技術革新が期待されるメタネーションについても解説。

●コロナに負けるな ガスで快適・健康生活
ステイホーム、テレワークをガスで快適に!
【主な内容】
●ガスコンロで免疫力UP
●乾太くんでラク家事
●爽快マイクロバブル
●床暖で快適テレワーク
●電気&ガスまとめプラン
●災害に備えエネファーム

●『’21 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
エネルギー自由化時代を俯瞰する都市ガス業界の年鑑。最新号が発行されました。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets