サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
電力+生活サービスを提供 HEMSデータの活用が鍵/福岡県みやま市、エプコ 
福岡県南部にあるみやま市(西原親市長)は、2007年に3つの町が合併してできた人口4万人の自治体である。
市域の大半が筑紫平野に含まれる平地で、日照にも恵まれた温暖な地域であるため、農業が盛んな地域だ。また、こうした地域特性を生かそうと太陽光発電設備の普及にも力を入れてきた。

 同市は14年8月から電力小売り支援事業を手掛けるエプコ(磯部達・スマートエネルギーカンパニー社長)と連携し、「みやまHEMSプロジェクト」に取り組んできた。4月からHEMSを活用した生活関連サービスの提供を始め、電力小売りが全面自由化される2016年4月以降は家庭向けの電力供給を行う計画だ。

全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組『きじまりゅうたの小腹すいてませんか』などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。在宅勤務などステイホームを楽しくするレシピ満載! WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets