サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
熱調装置、コンロが受賞、日本ガス協会技術大賞 【6面】
 日本ガス協会は、2016年度の技術大賞2件、技術賞12件、技術奨励賞2件を決定した。技術大賞は、新型液ガス式熱量調整装置「AtoMS」(受賞者=JFEエンジニアリング)とSiセンサーコンロ「スマートコンロ」の開発(受賞者=ハーマン)が受賞した。 

○新型液ガス式熱量調整 装置「AtoMS」 

 LNG基地では、天然ガスにLPガスを加えて熱量を調節し、都市ガスとして送出している。天然ガスにLPガスを注入する熱量調整装置は、主に大容量向けのベンチュリ方式と小容量向けのシェル&チューブ方式が普及している。  都市ガスの送出時、大流量域に加え低流量域の運転が必要な場合は、大小2系列の熱量調整装置を組み合わせる必要がある。ただ、切り替え時の制御が難しく、コストアップの要因になるといった課題があった。 

○Siセンサーコンロ「スマートコンロ」  

 スマートコンロは、大阪ガスとハーマンの共同開発品。スマートフォンに専用アプリをダウンロードすることで、コンロとの双方向通信を可能にした。コンロの稼働状況をスマホで確認できるほか、100種類のレシピの最適な温度や調理モードをコンロに送信できる。着脱可能なマグネット式つまみの「ツイストスイッチ」を採用。このスイッチと、ガラストップに白色LEDで浮き上がる「タッチスイッチ」を使うことで、直感的に操作できる。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●分散型エネルギーが創り出す 2050年の未来
2050年カーボンニュートラル時代に向けて、ガスエネルギーシステムを活用した〈脱炭素〉&〈強靭なまちづくり〉を提案する。コージェネ等による分散型エネルギーシステム構築や技術革新が期待されるメタネーションについても解説。

●コロナに負けるな ガスで快適・健康生活
ステイホーム、テレワークをガスで快適に!
【主な内容】
●ガスコンロで免疫力UP
●乾太くんでラク家事
●爽快マイクロバブル
●床暖で快適テレワーク
●電気&ガスまとめプラン
●災害に備えエネファーム

●『’21 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
エネルギー自由化時代を俯瞰する都市ガス業界の年鑑。最新号が発行されました。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets